×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ベビーカー選び方 | マクラーレンベビーカー特徴

ベビーカー選び.net

ベビーカー選びにぜひご活用ください。A型・B型ベビーカーの種類や特徴、
マクラーレン・アップリカ・コンビ・シルバークロスなどのメーカー別のベビーカーの特徴など。

マクラーレンベビーカーの特徴


ベビーカーの主要メーカーとも言えるマクラーレンですが、その人気のヒミツは何なのでしょうか。

なんとベビーカー、昔は乳母車と言ったでしょうか、世界で初めて発売された乳母車がマクラーレンのベビーカーなのです。

機能性にもデザイン性にも優れ、赤ちゃんの乗り心地も、押しているお母さん側のことも考えたベビーカーを作るマクラーレン社は、2008年、更に進化をすべく新しいモデルを発売しました。
常に赤ちゃんの為、お母さんのためのベビーカーを考えているマクラーレン社だからこそ、常に新しいものへの追求が無くならないのでしょう。

更にマクラーレンのベビーカーは、操作が簡単で軽いのが特徴です。
赤ちゃんを抱いているお母さんでも簡単に、そして素早く操作ができるように、ベビーカーの操作性を重視しています。
更に3歳を過ぎたお子さんが乗っても落ちて転んだりしないように、5点式シートベルトを採用しています。
両肩2箇所、足の間、左右それぞれからシートベルトで赤ちゃんを固定します。
また、足元のクッション素材にはやわらかいものを使用し、赤ちゃんが立ち上がりにくくなっています。
この2点によって、大きくなって動きが活発になってきた赤ちゃんも落ちる心配はありません。

ベビーカーは軽量のものに人気が集まりがちですが、マクラーレンは無理矢理軽くしようとせずに、赤ちゃんの安全性を重視してベビーカーを作っています。
マクラーレンのベビーカーは、販売のみでなくレンタルもされています。
しっかりした思いとそれゆえの自信がマクラーレンのベビーカー人気を後押ししているのかもしれません。




スポンサードリンク

ベビーカーの選び方のポイント

ベビーカー選びのポイントは、自分がベビーカーを押して歩く場所や時間、用途などをきちんと考えることではないでしょうか。
赤ちゃんと行く場所によっては、ベビーカーの大きさや形なども考えて購入しないと、狭い場所が通れなかったり、重くて階段が上れない、ということにもなりかねません。

そして、極力実際にベビーカー押したり引いたりしてみて、動きや機能などを確認してから購入することも大切だと思います。
ベビーカーは、実際のサイズと記載サイズとで多少の差異があるかもしません。
その為、見た目は大きくても中は案外狭いということもあるかもしれませんし、それとは逆に、見た目は小さくても中は以外にも広いということもあります。
家でベビーカーを収納する場所も考えて、きちんとおさまるサイズを探したいところです。

更にベビーカーのタイヤの大きさによっては溝にはまってしまったりするかもしれないので、自分の家の周りの地形なども確認しておくといいかもしれません。
自分の家は一戸建てだから大丈夫、と思っていても家の周りに小さな段差がたくさんある、という可能性もあります。

ベビーカーを使う人それぞれに扱いやすさの観点は違いがあり、身長や力によってもどんなベビーカーが使いやすかが変わります。
お店の人にことわって、実際にベビーカーに赤ちゃんを乗せてみるのもいいかもしれません。
そうすれば、赤ちゃんが安心できるスペースがあるかどうかをしっかりと確認することができます。

スポンサードリンク